ブログトップ

マミの会津カフェ

aizucafe.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

チョコレート

e0250267_17262634.jpg

昨日、夫にチョコレートをプレゼントしました。

14日は用事があってお泊まりだったので1日遅れました。

ケーキ教室に通った時に確かチョコレートを作ったと思いレシピを探してみたら「トリュフ」というチョコのレシピが見つかりました。

刻んだチョコ、バター、卵黄、を混ぜ沸騰した生クリームを入れて良く溶かしそれを氷水につけて良く練り、袋に入れて絞り出します。

半分はレーズンを入れてチョコでコーティングした後ココアをまぶしました。もう半分はチョコをコーティングして金箔を飾りました。

ちゃんと自分の食べる分もキープ。見た目はいまいちですがソフトに柔らかくてびっくりするくらい美味しいチョコができました。

夫は早速食べてみて「美味い!」とひと言。手作りしたことをとても喜んでくれました。

e0250267_1735394.jpg

香り付けはコアントローで。初めてコアントローに出会ったのもケーキ教室でした。

大好きなオレンジの香りを嗅ぐと私の脳が胸一杯に吸い込んでと言ってるような気がします。

ケーキにも生クリームにも使います。買った時は使い切る時が来るんだろうかと思った大瓶でしたが殆ど使ってしまいました。

素敵な香りを作ってくれたコアントローさんに感謝。また買います。
[PR]
by mami-sm | 2012-02-16 17:54 | 手作り(食べ物) | Comments(2)

にゃんこ達の事情

e0250267_8434899.jpg

昨日の散歩で久しぶりに猫と会えました。

逃げないように遠くからカメラを向けて撮っていたら猫の家の向かいに住んでいる方に会いました。

その方が「この猫野良なんだよ。」と言う。でもちゃんと段ボールハウスがあって餌も食べているのでお話を伺うと一人暮らしの飼い主が急に倒れて入院してしまい家に入れない状態だとか。

e0250267_8514639.jpg

お話してくれた向かいの方や猫を気遣う方達が餌をあげているそうです。
e0250267_855179.jpg

そのうちもう一匹出て来てくれました。アメリカンショートヘアーのmix(アメmix)。最初は警戒していましたが
とても人懐っこくて傍に来て体をすり寄せてきました。

そこへ通りかかった1台の車が止まって女の人が降りてきました。「帰ってきたの~?」と話しかけられ誰かと勘違いしたようでした。

猫が可愛いので写真を撮らせてもらっています、と言うとその人は「どうぞ、どうぞ撮ってって~、あのアメmixは私がここのじいちゃんにあげたの、あの茶色いのは孫だよ、もう一匹いるんだけどね」と教えてくれました。
e0250267_975085.jpg

早くじいちゃんが帰ってくるといいね。

猫には猫の事情があるんだな~と考えながら歩いていたら顔見知りのおじさんに会いました。おじさんといっても80過ぎてるおじいちゃんですが。

私    「こんにちは。」
おじさん「何処行ってきたの!」
私    「郵便局」
おじさん「そんな格好してると盗らっちまうぞ」(どうやら斜めがけバッグに大金が入っていると思ったらしい)
私    「この辺にそんな悪い人います?」
おじさん「いねぇなぁ~。度胸ねぇもん。」と大笑い。

このおじさんと話すと気持ちがほぐれとても楽しくなって散歩の最後におじさんに会えたことが心を軽くしてくれました。

帰り際、「お会いできて嬉しかったわ。」と言うとおじさんは「おぅ」と手を振ってくれました。


(昨日の記事の蔵の窓の扉について調べました。あの扉は外からはしごを掛けて閉めるそうです。特に防火の為火事の際はあの段々になった扉に粘土や間に合わない時には味噌を塗って扉を閉め火の粉や炎から蔵の中を守るそうです。)
[PR]
by mami-sm | 2012-02-15 09:28 | ねこ | Comments(2)

田舎散策その2

e0250267_9233894.jpg

昨日は雪が止んだので1時間程の田舎散策をしました。

蔵の窓の扉は開けておくものなんでしょうか?どこの家の蔵も扉が開いています。

この重量感のある扉を支えている金具に感心!窓には金具がはまっているので扉に実用性は無いのかもしれません。飾り?
e0250267_9434754.jpg

雪に半分埋もれた「たばこの自販機」。いつ頃活躍したんでしょう。
e0250267_9473052.jpg

こちらは廃屋の前に置かれていました。「あたり」の部分に年月を感じます。

ちなみに私は缶コーヒーが苦手です。自分で買ったことは一度もありません。
e0250267_9534188.jpg

坂を下ると踏切があります。電車マークだけど走っているのは電車ではなく列車です。電化されていません。
e0250267_9593048.jpg

この杉木立に沿って線路が走っていてこの先に駅があります。駅に止まる列車は上下とも1日に7本だけです。

以前、次男と会津若松へ帰るため列車を待っていましたが大雪の影響でいつまで待っても列車が来ない。
仕方なく夫に連絡して車で迎えに来てもらって帰った思い出があります。

迎えに来る夫も途中の峠道でスリップした大型トラックが道を邪魔して大変な思いをしたそうで大雪は色々なところで迷惑な存在です。でもスキー場は雪が無いと困るんですよね。

e0250267_1094832.jpg


途中で見えた雪下ろし。大人の背丈位積もっています。

e0250267_10163187.jpg

散策も終りの頃セブンの移動販売車に出会いました。

セブンで売っている食品、パンやおにぎり、カップ麺、お惣菜等沢山揃っています。

買い物に出られない高齢者の皆さんが頼りにして待っているようです。

e0250267_10223851.jpg

私もおやつのパンを買いました。ダーリンと半分こ。
[PR]
by mami-sm | 2012-02-14 10:29 | 暮らし | Comments(0)

アンサンブル 連弾の愉しみ

e0250267_9212436.jpg

先日「會津稽古堂」でピアノの集まりがありました。

アンサンブルを勉強する仲間がそれぞれのペアで練習してきてメンバーの前で弾く試演会です。

ブラームスのハンガリー舞曲が全曲終わり今はモーツァルトの連弾に入っています。

私はIさんとの組み合わせ。まずは一人で練習しその後お互いの都合の良い日に合わせます。

一人では気がつかなかった事が一緒に弾く事で色々と調整する部分が分かってきます。

例えば手がぶつかるところ、同じ音を弾くところ、ペダルを入れたり離したりするところ等を確認して二人で色々相談。

その事をふまえてお互いにまた自宅で練習する。

今回は弾いているうちにどんどん速くなって二人で「すごい速いね!でも楽しい!」と合わせ練習を愉しみました。

練習の前のおしゃべりに夢中になって1時間も。それも楽しい時間でした。
[PR]
by mami-sm | 2012-02-13 09:41 | ピアノ | Comments(0)

お一人様ランチ

e0250267_1713014.jpg

8日の水曜日、自宅から田舎へ帰る日に町に出て色々用事を済ませお一人様ランチしてきました。

お目当てのランチは「スイング スクエア」のハヤシライス。デザートについてくるかぼちゃプリンが美味しくてお腹を空かせお店に行ったところいつもは開いている地下のお店に入るドアが閉まっていました。ランチ営業が無くて夕方からの営業時間が書いてありました。

えーっこの近くで何処行く何処行く?すぐ頭に浮かんだのが「プロント」。歩いて1分で到着。明太子パスタとサラダ、ドリンクセットを注文。

いつも外食は家族や友人と一緒だったので一人でお店に入って食事するのが苦手で抵抗がありました。でも数年前に思いきって一人で入ってみたら結構女性のお一人様が食事していて回りの人も何も感じていない事がわかり今は一人でもお店に入って食事できるようになり楽しみが増えました。
[PR]
by mami-sm | 2012-02-12 17:40 | ランチ | Comments(2)

雪国

e0250267_1571074.jpg

この冬は大雪です。これは2月9日の写真。下は同じ場所の12下旬の写真です。
e0250267_15144655.jpg

e0250267_15182096.jpg

田舎は豪雪地帯なので雪下ろしも2回目です。

二階の洋間から屋根に出るようになっているので私は洋間で待機。ブログを更新したりテレビを見ながら夫の無事を時々確認。そして終わったらお風呂に入れるように準備したり途中で熱いおしぼりやお茶の差し入れをします。

この日は昨日に続いて2日目の雪下ろしです。

e0250267_1525617.jpg

お隣の家は無人ですが二人の人を頼んで雪下ろししていました。車庫、母屋と朝から順に雪下ろしして夕方までかかっていました。以前は牛を飼っていた小屋も1階は全部埋まっています。

ご近所もあちこちで雪下ろし。お年寄りの一人暮らしが多いので人を頼む家が多いです。
e0250267_15353099.jpg

家の周りの雪を片づけて側溝に捨てる人もいます。まだ雪国の暮らしに慣れていない頃まさか側溝の蓋が開いているとは思いもよらず危うく口の開いた側溝に落ちそうになりました。

今思い出しても恐ろしい出来事です。もう30年以上も前の事ですが側溝をみる度に思い出します。

雪国を歩く時は屋根から落ちてくる雪と足元に注意です。
[PR]
by mami-sm | 2012-02-11 15:52 | 暮らし | Comments(2)

孫来る

e0250267_10375161.jpg

5日の日曜日、長男一家が自宅の方へ遊びに来て一泊していきました。ママが可愛いスイーツを2種類お土産に持ってきてくれました。

私の大好きなマカロン。とても綺麗な色なので早速カメラを準備。撮ろうと思った時にはすでに孫のお腹に一つ消えていました。

e0250267_10441817.jpg

自宅にきてもピアノを弾く孫。いつものように楽譜を準備。ママに歌ってもらい伴奏をします。まったくのでたらめだけど聞いていると何となく合っているようにも聞こえてしまい本人も満足している様子。

e0250267_10491494.jpg

ママにアルファベを言ってもらい一つずつ書いていきます。書き順はどうでもよく形としてとらえているので思いもかけない書き方で笑いを誘います。


e0250267_1054404.jpg

お手伝いした結果お茶碗を割って大泣きしたり外でパパとママの三人でかまくらを作って遊んだりして「バイバーイ」と帰っていきました。


見送って玄関に入ったらアンパンマンが忘れられていました。

e0250267_1114188.jpg

そして部屋には壁に貼られた手紙。「すき じいじ いっしょにあそぼう」と書いてありました。
[PR]
by mami-sm | 2012-02-10 11:08 | 暮らし | Comments(0)

ピアノの仲間と

e0250267_1441269.jpg

会津の「稽古堂」でピアノの集まりがありました。稽古堂は中央公民館が老朽化して昨年建て替えられたものです。集まりが終わって皆でランチに行きました。稽古堂のすぐ近くにある「ビーンズ」というお店です。

夜はお洒落な雰囲気の中でお酒が飲めるお店のようですがお昼のランチも充実しています。

メンバーの中には豪雪地帯に住んでいる人、インフルエンザの人、出産したばかりの人、遠方の人等色々な事情で欠席の人がいて全部で10名でした。

お店の方がさっと手早く10名のテーブルを作って下さりちょっと遅い新年会って感じになりました。

e0250267_1454422.jpg

ランチはコースになっていて何種類もあるメインの中から好きな料理を選びます。私はハンバーグを頼みましたがお隣の魚料理も美味しそうだったので写真は魚料理にしてみました。

「このお魚美味しいです!良いお味です」とお隣の席のTさん。勿論ハンバーグもとっても美味しかったです。

e0250267_1522210.jpg

デザートは「胡麻プリン」。お皿にはお店の名前がココアで書かれていました。皆で印刷?えっ書いてあるの?なんてちょっと盛りあがりました。

この集まりは幼稚園のお子さんが帰ってくるからとかピアノの生徒が来るから等それぞれに予定があっていつまでもお喋りをして時間を忘れるってことはありません。

そうそう、稽古堂の暖房がどういうわけか効かなくて皆冷え切ってお店に入ったのでビーンズで出された熱々のおしぼりと温かスープにほっとして感激でした。
[PR]
by mami-sm | 2012-02-09 15:17 | ランチ | Comments(2)

デジタルフォトフレーム

e0250267_22152330.jpg

我が家に思いがけず「デジタルフォトフレーム」が届きました。

1月21日にお呼ばれしたパーティーの写真と共に皆さんからのプレゼントとして届けて下さいました。

沢山の写真を見ながら楽しく過ごした当日の色々な場面や語り合った事等あれこれ思い出し改めて皆さんに素敵な時間を「ありがとう」と感謝した次第です。

e0250267_2230151.jpg


パーティーで頂いた素敵な色の薔薇が下を向いてしまいました。捨てるにはちょっと可愛そうなので束ねて吊るしてみました。

まだまだ綺麗で可愛いです。
[PR]
by mami-sm | 2012-02-08 22:35 | 暮らし | Comments(0)

大雪の思い出

e0250267_12425611.jpg

2日の木曜日に自宅へ数日ぶりに戻りました。

車は雪に埋もれ家の前は除雪車の置いていった雪で山のようになっていました。一時間近く夫と二人で雪かたずけをしましたがいつものことながら雪はもういりません。

自宅に戻る途中、姑を整形外科に連れて行きヒアルロンサンの注射を両膝にしてもらいました。膝に溜まった水を抜いたので歩けるようになってお医者様に感謝です。

e0250267_12573590.jpg

大雪になると次男のことを思い出します。

高校生の頃、部活で足を怪我して松葉づえを使うようになり何日間か学校まで送り迎えしました。

ある朝物凄い吹雪の中を車で学校へ向かって出発しました。すると途中でベンツに道を譲られ「いやだいやだベンツにぶつかったらどうするの!譲らないでよ!」と言いつつもベンツを追い越してホッとしたのもつかの間今度はワイパーに雪がぼったりとくっつきまったく使い物にならない状態。


途中で停車して吹雪の中ワイパーの雪を落としさあ出発とハンドルを切ったら側溝に後輪を落としてしまいました。

何しろ全て真っ白の世界。何処が道路か側溝か見分けがつかない状態でした。

そこでどうしたかというと松葉づえの次男が猛吹雪の中を雪で真白になりながら後ろから押してくれてやっと脱出しました。

きっと力も入らなかったと思いますが怪我をしながらも頼りになって男の子で良かったと思った出来事でした。

次男には雪にまつわる思い出がいくつもあって雪を招く男かもと思っています。
[PR]
by mami-sm | 2012-02-04 13:15 | 暮らし | Comments(2)