ブログトップ

マミの会津カフェ

aizucafe.exblog.jp

お見舞い

e0250267_12253444.jpg


昨日は入院した姑を心配して長男一家がお見舞いに来てくれました。

午後2時半には一般病棟に移りますと病院から連絡が入っていたので皆でそちらに出かけました。

新しく増築した病院の一階に大きな水槽があって「ニモがいる!」と嬉しそうな顔で喜ぶ孫。

面会した姑は倒れた事を覚えていなくて自分が病院にいることが理解できないようでした。

リハビリの専門家の長男が姑の手をさすりながら「おばぁちゃん、誰だかわかる?」と聞くと「わかるよ」と返事。誰だか名前言ってと彼が聞くと自分の息子(私の夫)の名前を言っていました。

長男のお嫁さんの顔を見てもそう言っていました。

一番信頼している人の名前を言うようです。

でもひ孫の顔を見たらとても喜んでちゃんと名前が言えました。

救急車の中では立てた右膝を保っていられなかったのに昨日は「動くよ」と言って自由に動かしていました。

治療の成果がこんなにはっきりと表れて、すごいねぇ信じられないと驚きました。

長男が専門的な内容を私たちに分かりやすく説明してくれて頼もしい存在です。

e0250267_12494170.jpg


姑の容体を確認して安心したので病院地下のカフェでほっと一息つきました。

でもこれからどんな障害が残るのかはわかりません。未知数です。

もとに戻れるといいな。
[PR]
by mami-sm | 2012-03-23 13:24 | 暮らし | Comments(2)
Commented by すうママ at 2012-03-23 19:58 x
マミさんこんばんは。

お義母さま、心配ですね。
お見舞い申し上げます。
ご長男がリハビリの専門家とのこと、
とてもたよりになりますね。
お義母さまの回復をお祈りしています。
マミさんもどうぞあまりご無理されないように!




Commented by mami-sm at 2012-03-23 20:09
すうママさん,こんばんは。

いつも温かいコメントを頂き感謝です。

すうママさんのコメントを読むと心がほっとします。

魔法のコメントですね。ありがとうございます。

<< 綺麗な紙 医学のありがたさ >>