ブログトップ

マミの会津カフェ

aizucafe.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カルトナージュ パネル

e0250267_1512437.jpg

この図柄が可愛くて。
e0250267_15143344.jpg

パネルを作りました。

カルトナージュでパネルの土台を作ろうと思いながら、長い間そのままにしていましたが、先日百円ショップで木枠のキャンバスを見つけ、これを土台に使おう!と。

簡単な作りのキャンバスですが、おかげで綺麗に完成しました。
e0250267_15232512.jpg

使った生地は8種類の違う模様が一枚になった面白い生地で、総模様とイラストがそれぞれ4種類ずつ。

カルトナージュで色々作るのに楽しめそうです。

イラストは可愛いものばかりで、布巾やバッグ、エプロンなどに仕立てても良さそう。

今度はバッグ作ってみようかな。
[PR]
by mami-sm | 2014-02-28 15:35 | カルトナージュ | Comments(2)

カルトナージュレッスン ブック型

e0250267_20191998.jpg

「カルトナージュを教えてください」と2月の初めに電話をいただきました。

いきつけの美容院に置いてある、私の作ったメガネ入れを見た方からです。

作るものはお任せしますと言われ、色々候補を考えた結果やっぱりカルトナージュといったら「箱」かなぁとブック型に。

いつもレシピを作ったら必ず事前に同じものを作り、カルトナージュを作るポイント、注意点、レシピの不備等を確認しておきますが、このストライプのブック型が見本に作ったものです。
e0250267_20334271.jpg

中はガラッと印象の違うイギリス製のバラ柄ファブリックを使いました。
e0250267_20413440.jpg

2月20日、初めましての挨拶のあと自宅で3時間のレッスン。

とても丁寧な仕事をする方なので、初めてとは思えないほど一つ一つの工程が綺麗に仕上がっていきます。

私が用意した中から選んだ生地とタッセルをつけてクラシックな雰囲気のブック型が完成しました。

「2ミリの厚紙ってこれですか?こんなに厚いものなんですね」とびっくりしたり、「カルトナージュの構造ってこうなっているんですね」と納得したり。

生地はカッターナイフで切ってくださいねと言うと「えっカッターナイフで?」とびっくり。

金属定規をあてて生地を切ったらまっすぐ綺麗に切れて「今日一番びっくりしました」と感激。

カッターナイフの刃をポキッと折って新しいものに変えたら「そんなにすぐに変えるものなんですか?」と聞かれましたが「あっ全然切れ味が違います」とすぐに納得。

カルトナージュは刃が命です、どんどん変えてくださいねとお話。

色々新しいことを経験した3時間だったようで、とても喜んでくださったkさんでした。
[PR]
by mami-sm | 2014-02-24 21:17 | カルトナージュ | Comments(2)

山葵

e0250267_153813.jpg

17日の夜は久しぶりに釜飯の「山葵」へ。

お米から炊き上げるアツアツの釜飯や小女子の天ぷら、大好きな味噌トンや田楽などの串焼きをお腹いっぱい。

お昼には喜多方ラーメンを食べに「康平」へ。次男が楽しみにしていたのは大好きな漆黒ラーメン。

この味だぁと久しぶりの懐かしい味。
e0250267_1572357.jpg

この日は、おばあちゃんに会うためショートステイ中の姑に面会。

お風呂上がりの姑は、期せずして訪れた次男一家に会い、笑顔満開で嬉しそう。

帰省前から希望していたラーメンを食べ、おばあちゃんに会い、美味しい釜飯を食べた翌日、三人で九州に戻っていきました。
[PR]
by mami-sm | 2014-02-23 15:22 | 暮らし | Comments(0)

いちご狩り

e0250267_22265199.jpg

北会津の観光農園「久ちゃん」でいちご狩りをしてきました。

会津に住んで何十年にもなるのに初めて行きましたが、思った以上に大きなビニールハウス、広いなぁ!
e0250267_2227424.jpg

いちごが大好きな孫は一人でいちごを摘んではパクパク。

いちごのヘタを入れる容器片手に次々と。

二歳児は無料でしたが、大のいちご好き。私と同じくらい食べたんじゃないかな?
e0250267_22283053.jpg

可愛いいちごの赤ちゃんも、可憐な花も、暖かいビニールハウスの中ですくすく。

一緒に来られなかった夫の為にと、次男がいちごをお土産に買ってくれましたが、孫のお腹にもだいぶ収まったようです。

本当にいちご大好きなんだね。

いちご狩り楽しかった?
[PR]
by mami-sm | 2014-02-22 22:57 | | Comments(0)

次男一家が南岸低気圧と共にやってきた

「おじいちゃまはこれ」と指差す孫。
e0250267_2144372.jpg

2月15日、九州にいる次男一家が2歳の孫と共に久しぶりに帰省してきました。

当日、博多から新幹線を使って東京、郡山と来たところ南岸低気圧の影響から大雪で磐越西線が運転見合わせ、高速道路も閉鎖。

その結果、会津へ帰ってこられなくなってしまいました。

次男から連絡があった後、何とか一般道は大丈夫らしいと情報を得たので、夫と二人車で郡山まで迎えに行くことに決めましたが、自宅から10分も走らないうちに国道49線はもう渋滞が始まっていて少しも車が動かないのです。

どうするか、と動かない車の中で思いをめぐらし、夫は国道ではなく県道を行くことに決めて右折。

途中のガソリンスタンドで道路情報を聞くと、3時頃に三森峠で雪崩があったらしいですよと教えられびっくり。

どうぞ郡山まで道路が通じていますようにと助手席で祈るような気持ちで徐々に暗くなっていく雪道をひたすら郡山に向かって2時間。

もう7時近くになっていましたが、途中次男と何回か連絡しあいながらやっと郡山駅に到着し、無事三人と会うことができました。

帰りも無事に会津に戻れるか心配でしたが、また2時間かけて自宅に戻り遅い夕ご飯、みんなで無事に帰ってこられて良かったねぇと、改めてホッ。

もっと季節のいい時に帰ってきて欲しいなぁ。
[PR]
by mami-sm | 2014-02-21 22:51 | 暮らし | Comments(2)

ハーブコーディネーター

e0250267_21505177.jpg

昨年からハーブに興味を持っていた夫がハーブコーディネーターの講座を修了しました。

何事も一生懸命に取り組むので必ずやり遂げると思っていましたが、半年の講座を三か月で修了。

その間、課題を勉強しながらも花の絵を描いたり新しい椅子を完成させたり、蔵の整理をしたりと時間の使い方が上手。

講座の中には実習もあって、ハーブティーを始め自分でブレンドしたハーブのポプリ作り、ミントを使ったチョコブラウニー、ハーブ風味のローストビーフ等々、テキストに紹介された沢山のレシピの中から色々作り写真を添えて提出していました。

他にもハーブのリキュール、ビネガー、オイル、リンス等利用しています。

特にレモンバームの葉をポンとたたいてウイスキーに入れて飲む方法はお気に入りのようです。

先日はリラックスできるハーブティーをブレンドしてもらい友人にプレゼント。

今日はちょっと鼻声の姑の為にカモマイルのハーブティーを作ってもらいました。

雪が融けたらハーブの栽培も楽しみです。

ハーブの世界の扉が開きました。
[PR]
by mami-sm | 2014-02-11 22:18 | 暮らし | Comments(0)

整形外科行って良かった

火曜日は姑を連れて坂下厚生病院の整形外科へ。

「朝8時半出発ね」と夫と決め、時間通りに出発し、9時過ぎに病院に着いて受付したら108番でした。

一体、1番の人は何時ごろ来るんだろうと夫。

かなり待つことを覚悟していましたが、案外サクサクと進んで11時半には帰りの車の中でした。

診察の結果は姑の左肩に水がたまっていることが判明。

痛みの原因がわかって早速注射器で水を抜き痛み止めの注射をしてもらい、湿布と痛み止めの飲み薬をもらって終了。

あんなに痛がって腕が全く動かせなかったのに、今日はタンスの中身を全部出して整理していました。

引き出しを開けて衣類を出す、そんなことができるようになったってことは、痛くないってことね、と安心。

整形外科に行ってきて良かった。
[PR]
by mami-sm | 2014-02-06 22:22 | 介護 | Comments(2)

姑、整形外科受診の前日

e0250267_9213612.jpg

西会津町の温泉保養施設ロータスインの大広間の窓。

新緑の季節には綺麗な緑色になるんだろうなぁ、なんて湯上りのゆったり気分で窓の外を眺め、まさかその後あわただしい午後、それに続く次の日の出来事が待っているなんて思ってもいなかった月曜日。

ランチでお腹いっぱいになって帰宅。

デイサービスに行っている姑の帰宅は5時ごろ、と思っていたらそのデイサービスから電話。

何かあったのかと不安を感じながら電話に出ると年配の男性スタッフが、姑はお昼ご飯のあと「気分が悪い、気持ちが悪い」と訴えたので静養室で横になってもらっている状態なので早く送っていっていいですか?と聞いてきました。

熱はなく、吐き気もお腹の調子も悪くはないとのこと、何時ごろになりますか?と聞くと40分には着きますと男性スタッフ。

時計を見ると3時半、40分ってもうすぐ!わかりました、よろしくお願いしますと電話を切り、急いで姑のベッドの電気毛布やヒーターのスイッチを入れ、夫は玄関に車いす用のスロープを設置。

二人で外に出て到着を待つ。

しかし、いくら待ってもバスはやってこない。4時過ぎても姿は見えない。

心配になってデイサービスに電話してみると、バスは出発しているので申し訳ないがお待ちくださいとのことでしたが、その電話に出た女性スタッフによると姑は熱が7度2分あって左の肩が腫れていてとても痛がっているというのです。


その話を聞いたからには家で寝かせておくだけでは心配になり、急いで町の診療所に連絡し、これから診察してくださいとお願いし、電気毛布やヒーターのスイッチを切り保険証やお金の準備をしていたところにやっと姑到着。


そのまま夫の車にのせて診療所へ直行。


診察の結果、やはり左の肩になんらかの異常が見られるが、整形外科の専門医がいないので明日必ず整形外科を受診するようにとなったのでありました。

湿布薬を処方してもらい外に出たらもう真っ暗でした。
[PR]
by mami-sm | 2014-02-05 10:04 | 介護 | Comments(0)

蔵から出てきたお皿

e0250267_16415456.jpg

蔵の整理を、夫がしています。

長い年月の間に溜まった色々なものが雑然としている蔵を時間をかけて。

そんな中から出てきた直径23㎝の皿20枚。

夫がグラインダーを使って糸底を滑らかにしてくれたので、綺麗に洗って使ってみることにしました。
e0250267_1649911.jpg

早速、一口カツとスライスした野菜を盛り付けてみたらしっくり合う感じがして、今まで蔵の中で眠っていた皿が遠慮がちに「使ってくれてありがとう」と言っているような気分。

お皿の好みは白が大好き。

でもこのお皿を見ていると、パスタやサンドイッチ、カレー、他にも色々合いそうな気がします。

お料理を想像させてくれる皿に出会った日。

次は何にしようかな。
[PR]
by mami-sm | 2014-02-02 17:10 | 暮らし | Comments(0)