ブログトップ

マミの会津カフェ

aizucafe.exblog.jp

カテゴリ:フランス語( 3 )

フランス語5級合格しました。

e0250267_1028894.jpg

11月に受けたフランス語5級検定試験の結果が届きました。

試験直後に解答書が渡されていたので自分の点数が分かっていました。以前のブログで書いた通り78点でした。基準点が60点らしいので合格できるとは思っていましたが届いた知らせの封を切るときにはドキドキしました。


合格証書を見てほっとして夫に「見て見て」と証書を見せると「良かったね、おめでとう」と言ってくれました。
e0250267_1039726.jpg

公式問題集を中心に単語や動詞の活用などノートを使って今までになく勉強しました。

こんなに勉強したのは40年前に車の免許をとるとき以来のような気がします。


e0250267_1037516.jpg

勉強のモチベーションを上げようと思って大好きなキラキラクリスタルがついたボールペンを買いました。


しかし実際に使ったのは実用的な3色ボールペン。私にしては珍しくすべてインクを使い切りました。

同封のハガキの最後に「Bon courage!」とありました。がんばります。

e0250267_10543760.jpg


今日は雪が止んで少し太陽が出ています。
[PR]
by mami-sm | 2011-12-27 10:59 | フランス語 | Comments(2)

フランス語五級検定受けてきました。

e0250267_22172213.jpg

昨日フランス語五級試験を受けてきました。なぜ検定試験を受ける気になったのか実を言うとよく覚えていないんですが9月30日から11月20日まで(途中英検の勉強に12日間使ったので)38日間毎日「公式問題集」を中心に勉強しました。

会津には試験会場が無いので福島市の「福島テルサ」まで高速バスを使って行ってきました。福島までおよそ1時間半かかるので車中でリスニングの勉強。バスの時間の関係で試験の2時間前に福島駅に到着。予定通り駅のカフェに入って1時間ノートにまとめたものを確認。

試験開始の30分前に会場に入り精神統一に集中・・・と思ったけど色々心配になってきて落ち着かない。そんな時心の声が聞こえてきて「あるがままに。自分の頭の中にあるものしか引き出せないよ」と言われそうだよね、どんなに頑張ったって勉強してきた分しか出せないよね、と納得。深呼吸して開始時間を待つ。ちょっと回りを見てみるとさすがに英検五級と違い小学生はいない。大学生のような男女が4人。でも何で私を含めて5人しかいないのかな。全国約40近い会場で毎回3000人近い人が5級を受けるそうだけど福島県はフランス語人口が少ないってこと?

そしていよいよ試験開始。恐る恐るページをめくる。目標は80点。何とかいけそうと慎重に進む。筆記を全部済ませて時間をみたらまだ余裕があったので最初から見直してみた。でもこれが良くなかった。定冠詞(le)と入れたところが急に心配になってもしかして最後にsがあるから(les)?なんて迷ってしまった。迷うなら書いて確認しようと思ったけど何と手が震えて思うように書けない。うそーっ。どうするどうする?そうしたら余計に分からなくなってええい!変えちゃえと(les)に変更。結果見事間違えたのでありました。

そんなことを何箇所かやって78点。こんなバカなことをしてしまうこれが実力というものでしょう。しかし動詞の
問題は全問正解。ちょっと嬉しかったです。(試験後すぐに解答用紙が配られて自己採点できちゃうんです。)
e0250267_22593711.jpg

そんな緊張する試験前にもかかわらず福島市に住む大好きな友人二人に電話をして試験後のランチを約束。テルサに向かえに来てもらい78点だったのよーと色々話し久しぶりのお互いの事を喋って笑って美味しいランチの時間を過ごしてきました。
e0250267_239938.jpg

自分が頼んだ「エビチリ炒めランチ」の写真を撮り忘れたので友人の「美肌ランチ」をパチリ。コラーゲンたっぷりで美味し!かったそうです。勿論エビチリも美味でした。
e0250267_23141648.jpg

その後本屋さんで英語とフランス語の本を買い脳の栄養に甘いものを補給して帰ってきました。帰りのバスの中で今日の試験を振り返り落ち着いて取り組んだら正解できた問題がいくつもあったのにと自分の勉強の甘さをしっかり自覚。また次に向けて勉強開始です。
[PR]
by mami-sm | 2011-11-21 23:21 | フランス語 | Comments(0)

フランス語を始めた訳

最初にフランス語に興味を持ったのは今から十年程前です。それからフランス語の教室に通い主に会話を中心に勉強しました。

当時会津で教室を探しても無かったのですが大手の英会話教室でテレビを通じて大阪にいるフランス人の先生と直接会話するというコースがあったのでそこで勉強しました。

日本語は厳禁で最初からフランス語のみ。テキストも無く全く何の知識も無く分からない事ばかりでしたが一時間の授業が終わるときには自己紹介がフランス語で出来るようになっていました。

先生は数人いて授業の度に変わりましたがあるときとても明るくて感じの良い女の先生から「pourquoi etude francais?」何故フランス語を勉強するの?と聞かれたので「parce que j`aime regarder france television julie lescaut」「je voudris regarder sans sous-titre」私はフランスのテレビのジュリーレスコーが好きです。私は字幕無しで見たいのです。と答えました。この言い方が合っているかどうかは不安でしたが先生は大きな目をより大きく見開いて嬉しそうに「日本でジュリーレスコーが見られるの!?」と勿論フランス語で言ったような気がしたので良かった通じたと「ウイ、ウイ、スカパー」なんて先生に言った事を覚えています。

スカパーのミステリーチャンネルでやっている「女警部ジュリーレスコー」が大好きで字幕無しで見たいと思ったのがフランス語を始めたきっかけです。途中で教室はやめたし長い空白の期間がありましたがまたフランス語の勉強を始めました。独学で難しいけど楽しいです。
[PR]
by mami-sm | 2011-11-09 12:01 | フランス語 | Comments(0)